安全性を考えて蜂を退治しよう|安心して生活できるように整える為に

レディー

害獣退治の費用は

鼠

ネズミ駆除にかかる費用は、業者によって違ってきます。そのため複数社の見積もりをとることが大切です。見積もりは建物の形や広さ、作業期間や回数で料金が決まります。明確な料金体系の業者を選びましょう。被害が大きくなる前に早めに業者に依頼することも必要です。

詳細を確認する

自宅で巣を見つけたら

ハチの巣

蜂の巣を見つけたら自分で退治しようとすると危険なので、業者に退治を依頼するのがおすすめです。蜂の巣退治を依頼する業者を選ぶ場合は、料金やアフターサービスについてよく比較した上で選ぶようにすると良いでしょう。

詳細を確認する

危険なハチの巣退治

ハチ

ハチ駆除を行う時には白い防護服が必須です。ハチは色の濃いものを攻撃してくるので黒い服は避けてください。業者に依頼する際には実績のある業者に依頼しましょう。ネットの情報を参考にしてみるのも良いかもしれません。

詳細を確認する

安全性を一番に考えよう

ハチ

どこから来ているか

蜂が家の周りを飛び交っている場合、もしかしたら巣が近くにある可能性があります。もちろん花壇があるという家の場合には、花を目当てに集まっているという事もありますが、花はないのに蜂が多いというときには、巣をつくられているかもと考えておくことが大切です。ふとした時に、蜂の巣に触ってしまったり、子どもが近くに寄ってしまったりという事もありますので、重篤なけがをする前に、巣ごと除去することも必要になります。では、どのようにするべきかという事ですが、蜂がどこに戻っていくかをそっと様子を見てみましょう。家の軒下などや、時には家の屋根裏などに巣を作っている場合もあります。見えずらい場合にはどこから出入りしているかだけでもチェックしておきましょう。蜂の巣が見える場合と見えない場合でその後の対応に違いが出る場合があります。

専門の業者に依頼もできる

蜂の巣が外から見える場合には、どういった状況になっているのかを確認しましょう。最近は蜂の巣にスプレーできるような駆除剤も販売されています。蜂の種類や大きさによっては自分で最大限注意しながら、退治できる場合もありますので、判断して行きましょう。一方家の中に作られてしまっている場合や、あまりにおおきいもの、凶暴な蜂がうようよしているという事であれば、専門の業者に依頼することが賢明です。退治をするのには、それなりの技術や知識、それに専門的な道具が必要な場合があります。とくに凶暴な蜂の退治をするときには、専門家ですら危険を感じることもあります。退治をするときには安全性をまず確保できるかどうかという事を第一に考え、対応方法を考えることが必要です。